商品

仏像/米田 文/蓮の上の仏さま

材質:磁土
※こちらは作家がひとつひとつ創り上げた作品です。価格やサイズ等詳しくはお問い合わせください。

米田 文(陶芸家)

高い壁が消えて地平線があらわれたとき、また歩いて行ける気がします。
手の中ですべてをゆるしてくれる、いっしょに祈ってくれる、小さなやさしい仏さま。
明るい希望の光が、いつもそこにさしていますように。

1975年石川県生まれ。1998年東京芸術大学卒業後、九谷焼技術研修所、金沢卯辰山工芸工房での研修を経て作家活動に入る。「花の木実の木と果物と、バランスのよい動物展」サボア・ヴィーブル(六本木)に始まる陶箱のシリーズ、何千枚ものタイルで覆われた「タイルの部屋」、異素材の作家とのコラボレーションでつくるボードゲームなど実用とオブジェの境界を行くような作品を個展、展覧会などで発表。